ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bibi Maizoon

ビビ・メイズン 1989年 ER
交配 The Reeve x Chaucer


華奢で気難しい、つまり脆弱なイングリッシュローズ。
オマケに、うちに最初に来た苗はガンシュちゃんでした(><)
ずっとずっと憧れ続け・・・やっとお迎えしたバラ。
確かに生育が・・遅い。花芽がなかなかあがらない。
そして枝が細い。ココはティーローズ好きのわたしの好みにバッチリ合ってるので、欠点ではないの^^
まずは、春のお花。蕾のときから美人さん。ガクがすーっと伸びてます

IMG_6473.jpg




IMG_6744.jpg


ぱんぱんの蕾が開くと、ぎゅぎゅっと詰まった花びらの重さに、細い花首はうつむいてしまいます(=σmσ)


IMG_6849.jpg


開ききったお顔も品があって好き。
薄~い花弁には何ともいえない艶があります♪
ボタンアイ、かわいらしいことにまんなかが黄色なんですよ^^



IMG_8524.jpg


さて、夏のお花が咲き始めました。


IMG_8510.jpg


相変わらずかわいいんだけど・・花びらぎっしりという訳には行きませんね。


IMG_8511.jpg


花びらが少ない分、巻きがはっきりしていてエッジのフリルも目立ち、
とってもエレガントな雰囲気です。
そうそう、言い忘れていた☆すばらしい香り。これぞ薔薇!!のオールド香です。
花あがりがなかなかよろしくないのでめったに会えないけれど、補って余りある花容と愛らしさを備えている。と思うんですよ^^
開ききってしまうと、花保ちはなかなかいいんだけど・・・。
秋にはふっさりしたお花、また会えるかな。


IMG_8536.jpg



IMG_8549.jpg

「つづきのねこ」 | HOME | Cymbeline

COMMENT

今晩は~♪
この夏のバラのお名前は??
可愛すぎて、ノックアウトよ~~m(_ _=)m
教えてくださいな~~(*^m^*)うふっ
もしかして、ビビ・メイズンの夏の顔ってことかしら?
2006/08/15(火) 00:39:29 | URL | ユリシス・ローズ #ax4px7aw [Edit]
>ユリシス・ローズさん
ふふ、どれもビビメイズンなんですよ~
夏はみんな別人のようにあっさりした顔で咲くけれど、このコはどっちに転んでもかわいい・・でしょ?
何年も憧れて、あっさりRORのリストでみつけてお迎えしたんです☆
2株育ててるんですよ♪
2006/08/15(火) 08:33:21 | URL | きんぎょ。 #klq26XPE [Edit]
ふーん、このERは知りませんでした

それより私は↓が気になりました
あまりにステムが長いので、少し前に
切ってしまいました
秋には、こんな感じで咲いてくれたらなぁー
2006/08/15(火) 20:40:07 | URL | 単身パパ #- [Edit]
この子!
あれからどうなってたかなぁ~って^^
こんなに健気に咲いてくれてるのね
テーマの「わ~い」って・・・思わず私も微笑んでしまいました^^

夏は花びらが少なくなってしまうけど
その分 フリフリ♪ かな^^
あぁ~~ 可愛いバラですよね♪
2006/08/15(火) 22:44:27 | URL | seiko太郎 #DYDUq21c [Edit]
>単身パパさん
確かにステムの長~~いコですよね?半つる仕立て、できそうな。
賢明なパパさんのお宅では、秋にきっと素晴らしい房咲きのシンベリンが見られることでしょう(〃∇〃)
うちは・・・ぽつりぽつり、が合ってるかもしれません^^;
2006/08/15(火) 23:58:25 | URL | きんぎょ。 #klq26XPE [Edit]
>seikoさん^^
そうなんですよ~春のお花が代替ちゃんで、夏のお花が例のコなんです^^
2株あってもこの画像の少なさ^^;;;
機嫌よく葉を広げてると思ったらボーリングもしちゃうし、扱いにくいお嬢様です。
ちゃんと開いてくれたときの嬉しさは「わーい」以外の何者でもない^^ですけどね♪
かわいいバラです。
2006/08/16(水) 00:02:11 | URL | きんぎょ。 #klq26XPE [Edit]
貧弱でも生きていればsakaeは満足です。
ましてやこんなに頑張ってお花開花してくれるなんて(涙

sakaeのウチの子今真夏の拷問に会い次々とリタイヤ死しています。

恐るべし夏
2006/08/17(木) 01:19:53 | URL | sakae #mbwhQQ6o [Edit]
かわいい・・・vvv
こうゆう柔らかいピンク色大好きなんです!!
花って、色々な表情があっていいなと改めて思いました☆
秋が待ち遠しいです〃
2006/08/17(木) 02:48:31 | URL | りょー #Lis.ZDmI [Edit]
>sakaeさん^^;
リタイヤって・・・ホントですか?苛酷~凹まないでくださいねー!
うちの子も品種による、弱い強いを実感しています。・・といいながら咲かせていたわたし。
今日は摘みまくりました;;;


>りょーさん^^
夏休みの日々、いかがですかー?
うちはメインイベントはこなしてしまったのでわたしは鬼軍曹に戻ってビシ☆バシやってます^^;
バラは特に、なんだけど、そのときの条件でほんとに表情が豊か。気候や、肥料、土、水・・・。夢中になるのはやっぱり、相手の反応が見えるからかもね♪
ビビは花がなかなかたくさんついてくれないけれど、“スペシャルな1輪”、咲かせて見せます(〃∇〃)秋をお楽しみにね☆
2006/08/17(木) 10:33:01 | URL | きんぎょ。 #klq26XPE [Edit]
初めまして。
くろさんのかわいい赤ちゃん写真からやって来ました。
ビビメイズンの父親がシュラブのチョーサーであるなら、花首はもっと強くなってくれるかもしれません。
鉢植えにしておられるのでしょうが、その場合どこからかミミズの糞をごっそりと(笑)集めてきて、埴土へ混ぜてみられればと思います。
花首だけでなく花梗全体が強くなってくれますよ。理想は植え替え時に混合することですが。
というふうに、いたるところで余計なお節介を焼くナポレオンです。
どうぞ今後ともよろしくお願いします。
2006/08/19(土) 11:32:24 | URL | ナポレオン #- [Edit]
>ナポレオンさん^^
初めまして、ようこそいらっしゃいました。
わたしは、以前「シシィ」で検索して、ナポレオンさんのサイトを拝見したことがあります。バラのサイトだったので嬉しくなって、他のコンテンツも・・・。
経験豊かな方にアドバイスしていただくと、安心してやってみようという気持ちになれますね。ありがとうございます♪
シマミミズとフトミミズで、バラへの影響は正反対ということを聞いたことがあります。
アミノ酸たっぷりのフトミミズの糞。うちの周りの、茶色のおからのようなのはどちらなのか・・・わかりません^^;;「どこからか」って、結構大きな問題だったりします(〃∇〃)少し、調べてみようと思います。

園芸店に行くと、ミミズの糞入りの土などを売っていますよね。ああいうのを混ぜ込んでも微々たる効果しか期待できないかしら?
今のところは、堆肥とバイオダルマ、そしてカニ殻少々を混ぜたものでマルチングしています^^

樹の性質を、血筋から予想するってわかるような気がします^^
オースチンのカタログからは早々と外された品種ですが、大好きな品種なので、ガンシュ治療済みのと合わせて2株、大事に愛でていきたいです♪

2006/08/19(土) 17:32:08 | URL | きんぎょ。 #klq26XPE [Edit]
御返事ありがとうございました。
もうずいぶん前ですが、当時すでに休止となっていたある園芸サイトのQ&Aで、シマミミズを怖がっているコメントを読み驚いたことがありました。
どうしてそのような考えが広まったのか知りませんが、1800種類もいるミミズたちの内、人や薔薇などに有害なものは一種類もありません。また全ての種類の糞が、NPKの三要素を理想的に含んでいます。
コメントされた「茶色のおからのような糞」について、どの種類のものか即断はできませんけれども、土に混合して役立つはずです。
なお、すでに薔薇を育てている容器植の土へ、市販のミミズ糞入り培養土を混ぜたり敷いたりするだけでは、養分として少なすぎるために効果は疑問です。用いるなら、最初から単体で用土へ入れるべきでしょう。
通常、庭などにいるのはフトミミズ(フェレティマ科)がほとんどで、糞はグレーで匂いもくすんだ弱いもの。もしご心配なら、雑草が茂る空き地、ゴルフ場、山間にある池や沼のそばの土表で採取すればまちがいありません。
2006/08/20(日) 17:26:17 | URL | ナポレオン #- [Edit]
>ナポレオンさん^^
こんばんは。いろいろお勉強になります。
わたしが見たことのある記事は、こうです。

>シマミミズは地表の有機物を食べますが、多くのフトミミズは有機物交じりの土を食べます。
>シマミミズのフンは有機物が完全には分解せずに残っているからか、確かにべとべとしています。
>一方、フトミミズのフン混じりの土は、典型的な団粒構造になり、
>保水性がありながら通気性や排水性が良い土になります

そして、シマミミズが大量に狭い鉢の中で発生すると、団粒構造を持たない糞、べとついた土ばかりになってしまい根っこの呼吸が妨げられたり、根腐れを起こしやすい状態になりやすい
そういう印象を持ちました。

どのミミズの糞も、成分的にはよいものをたくさん含んでいても他の要素もあることなので、使うときには注意すべき点があるのでしょう。
わたしはフトミミズをうまく判別できないし、
市販の土に含まれる少ない糞より単体で用いるほうが確かによいようですので、
うちの周りで糞を集めてきて、鉢土の表面に混ぜ込むようにしてみようかと考えています。

わたしはまだまだバラのこと、そして植物を育てることについて知らないことがたくさんありすぎて、暗中模索の毎日を送っています。こんなふうにいろいろご指導いただけるとすごく嬉しいです^^
よろしくお願いいたします。

2006/08/20(日) 23:28:47 | URL | きんぎょ。 #klq26XPE [Edit]
こんにちは。
詳しくて、またわかりやすいコメントをありがとうございました。
東京の江戸川区などでシマミミズを使った生ゴミ堆肥づくりが盛んなのですが、そうした堆肥を何気なく未熟なものの間に培養土の一部として用いますと、部分的に発酵ではなく腐敗が進むことがあります。
そして腐敗したままですと用土全体が薔薇にとって悪化していきます。つまりシマミミズの糞も腐敗へ一役買ってしまうのです。
そうした状態では悪玉菌が増えるだけですから。糞には何の罪もないのに(苦笑)。
前回書き込んだようなフトミミズの糞は、カラカラに乾いた状態で土の表に見られます。さらさらとしています。
いずれにしても、不完全な堆肥は用いないことと(仮に腐敗せず発酵をつづけるとしても発酵熱の問題もありますし)、糞を集めるときに必ず匂いも嗅いでみてください。
たとえ雨などで濡れていても、未熟堆肥つきの糞でなければ悪臭はしません。
そして日光消毒して用いれば、安全性に何ら問題はありません。
2006/08/21(月) 11:43:21 | URL | ナポレオン #- [Edit]
>ナポレオンさん^^
こんばんは。そうですよね。
十分に気を配って適正な条件で用いないと、望んだ結果と逆の方向になりかねない。腐敗を進めてしまうこともあるなんて、
望む菌だけを増やすことの難しさ、自然界が自分のペースでやっていることに人為的に介入することの難しさ。これは、米ぬかで似たような失敗経験を経てきました^^;;

今日は少しだけ、茶色のサラサラの糞を採取して鉢に入れてみました。やはり土もいっしょに食べているからでしょうか、触りたくなるほどに清潔な感じでしたし、使えそうです。
もう少し涼しいときに、ゆっくり集めてこようと思っています^^ありがとうございます。

不完全な堆肥。これがまた、素人目に判別できるかどうか困難なところですが、とりあえず鉢土の深いところにはいろいろ混ぜ込まないつもりでいます。
牛糞は購入してから丸1年と少し、ベランダ下で寝かせてあるもの。
堆肥は“秀じいの堆肥”というものを使っています。
それをマルチ材のようにして施しています。
2006/08/21(月) 20:24:47 | URL | きんぎょ。 #klq26XPE [Edit]
こんにちは。
一つの話題をいつまでもつづけてもうしわけないのですが、コメントを読んでさっそく「秀じいの堆肥」を検索してみました。緩衝材の基本として稲藁を用い、若干の肥料分として米ぬかを使ってありますね。
商品として大量に生産する場合は、概ねそうした材料で好気性発酵をさせたものがほとんどです。
この製品は安価ですし、生産の過程でダクトから空気を送りこんで温度管理をしていますから、信頼できると思います。
実は、その「一定の乾燥」「大量の換気」ということが重要なのです。袋詰めされるときに発酵が完了していさえすれば、施用して腐敗が始まるということはまずあり得ません。
ですから、この堆肥でマルチをしておられるのなら、ぜひ米のとぎ汁をときおり与えることをお薦めします。
堆肥中の微生物が活気づき、放線菌と捕食センチュウがどっと増えて植土をさらによい方向へ向けてくれます。
またお使いのカニ殻も相乗効果をもたらすでしょう。
そこにミミズたちの糞も加われば、過激な施肥になることもなく、薔薇はのびのびとまた生き生きと育っていくことでしょう。
そのためにも農薬の使用は最低限にしてください。
そうして、次に土替えをされるとき、その土がかなり軟らかくてふかふかとした、よい匂いのするすばらしい土となっていることに、お気づきになるはずです。
来年、HPに容器植のやり方についてご参考にしていただける記事を載せるつもりでいます。
たくさんの方から反響を呼ぶと思いますが、今しばらくお待ちください。
2006/08/22(火) 11:32:01 | URL | ナポレオン #- [Edit]
>ナポレオンさん
おはようございます^^
「一定の乾燥」「大量の換気」ですか。
あの堆肥は安くて、わたしが知っている方の間でも評判がよいようなので使っていますが、土はガチガチにはなりませんね。
また、今のところ農薬も使っておりません。
ずっと無洗米を使っていて、とぎ汁はうちでは出なかったのですが、先日新米が出ていた折に無洗米でないお米を買い、とぎ汁をせっせとあげているところなんですよ^^鉢数が多いので、なかなかみんなには行き渡りませんが^^;;
引き続き、ミミズの糞は集めるつもりです。

>来年、HPに容器植のやり方についてご参考にしていただける記事を載せるつもりでいます。

とても楽しみにしていますね。地植えできない、そして大きな鉢も置けないわたしの環境ではバラの根の負担は特に大きいと感じています。
2006/08/23(水) 08:02:57 | URL | きんぎょ。 #klq26XPE [Edit]
おはようございます。
初心者だった頃、大きくてもせいぜい九号の鉢で、悪戦苦闘したものです。
しかしその経験が後に大きくものを言いましたよ。過酷さや失敗が、栽培方法発展の肥料となりました。そういうものですよね。
ところで、とぎ汁は必要な量になるまで水で希釈しても、何ら問題はありません。
できるだけ多くの鉢へあげてください。
月に一度ですら、十分なのですよ。ただ、河の富栄養化に一役買わないためにも、あれば薔薇へ、ということですね。
また、薔薇以外に観葉植物の葉などにも有効です。
季節柄、早めに使い切ることがたいせつです。
2006/08/23(水) 09:54:00 | URL | ナポレオン #- [Edit]
>ナポレオンさん^^
ありがとうございます。とぎ汁は濃いほうが効果的かと思い、ローテーションであげています。頻繁にあげるならば、むしろ薄めの方がいいかもしれませんね。
過酷さや失敗から次の実りにつなげることができるなら、大成功だなとわたしは思います。残念ながら理論的なものはわたしの場合ぼやけてしまって、なかなか確信を持ってこう、と言えません。もう何年か、手探りで進んでいこうと思っています^^;;;
2006/08/23(水) 13:01:02 | URL | きんぎょ。 #klq26XPE [Edit]

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

Calendar

S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07« 2017/08 »09

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

My Proflie with Random Photo

  • Author:きんぎょ。

  • 好きなもの バラ 絵本 猫
    おやつ おひるね 
    何かをつくっている時間
    みずいろ 海 空 雲・・・

リンク

このブログをリンクに追加する
PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。